敵艦隊前線泊地殴り込み

乙E-4 備忘録として 
 
島風改57 魚雷×3
扶桑改33 46 46 三式弾 瑞雲
山城改33 46 46 三式弾 徹甲弾
長門改49 46 46 三式弾 徹甲弾
陸奥改38 46 46 三式弾 徹甲弾
加賀改35 流星改 流星改 烈風 烈風

出撃開始直後、艦隊は右に向いて進行しますが

すぐに右回りにUターンし泊地の待ち構える小島に偵察機を放つ

道中の敵空母との会敵を避ける為、敵偵察機の挙動を確認(泊地の偵察機と混同しない)

泊地の場所確認後一度目の航空攻撃(制空権優勢)

敵空母を避けるには大体右回りのルートが多かったです(約8割)
道中1戦目(戦艦タ級含む艦隊)
道中2戦目(軽巡・駆逐の艦隊)

泊地に向かいながら2度3度航空攻撃(2度目から制空権確保になります)

待ち時間の間に複縦陣に変更(陣形変更中も航空リロード進行します)

泊地に近づくと!マークが表示され、更に近づくとアラームが鳴りますが
その間は敵偵察機を飛ばしてきません、航空リロードを完了させてから戦闘開始

戦闘開始後すぐに砲撃、その直後航空攻撃を開始すると敵の砲撃サークルが瞬間見えるので舵の方向・速度を考慮し
一度目は回避出来ます。


後は流れで・・・

ゲージ破壊時は長門(小破)・扶桑の夜戦で400ダメージ出したので、夜戦までにいかに大破を出さないかが鍵


  • 最終更新:2016-10-29 18:14:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード